今降る雨が耐えられない

パワハラ、セクハラ、その他何の将来の役にも立たない単なる我慢を強いられる、などの被害、理不尽な扱いを受けているのに、『それくらいのことを耐えられなければもっと辛いことが起きた時に耐えられない。頑張らなきゃ!』『自分はもっと酷い目にあった。君はまだまだ。頑張れ!』と、言葉に多少の違いはあれ似たような、助言にもならない助言をしたり顔でする人の精神構造が難解です。

『自主性』の名目で、ろくに授業もせず(進度は激早)、教え方の工夫もせず(課題は激多)、不安を煽り、不勉強に対する不満をぶちまけるだけの教師や進学校、及び塾は、早く淘汰されてくれないかな?と願うばかりです。

心停止からの退院(9)岡大で待つ

アップルウォッチは、すごいなぁ。。

心拍が異常なのを教えてくれるんだなぁ。と感心していました。

そして、主人の実家に電話をすると今度は、義母が電話に出ました。

状況を説明しました。

義母「よしえさん!?私は、行けばいい!?どうしたらいい??」

Continue reading “心停止からの退院(9)岡大で待つ”

ローマ数字ってカッケーッスね。

ハッキリ言って、古文だ漢文だ英文だの、文章を読むのがダルいって時はままあります。

でも勉強しなくちゃな‥‥って時は、一問一答の数学が以外とハードルが低いのです。

最近手を出しているのが『記数法』です。

自分の世代では全く習ってないのですが、どうやら新課程ではやる?みたいなので、自学です。

大人になり本当に思うことですが、10代の時習ったことは、忘れていてもやり直すとすぐに思い出せます。しかし大人になって習うことは、すぐに忘れて、思い出そう(再現しよう)としてもなかなか出来ないのです。

10代って偉大ですね。その当時はそう言われても全くピンと来ないし、自分の若さがイイとはちっとも思わなかったのですが。

で、『記数法』に話を戻すと‥‥おお、おお!

‥‥サッパリ分からない😅。

焦らずやります。疲れたらやめます。その繰り返しです。

心停止からの退院(8)岡大病院で待つ

救急車内で、保険屋さんに連絡にして数分後には岡大病院につきました。

救急「奥さん!おりて!いってください!」

私「はい!」

扉が開かれた場所から院内に入る。

左を見ると、手術台?銀色の台がみえ、その周りに緑の手術着を着ている看護師さん?白衣の人?ネイビーの服を着ている方と目が合いました。

Continue reading “心停止からの退院(8)岡大病院で待つ”

心停止からの退院(6)心臓マッサージ中に思っていたこと

心臓マッサージ中。私の頭の中は大変忙しかったんです。

ものっすごい勢いで色んなことを考えていました。

 

まず第一に考えていたことは・・・嘘ではなく本当に・・・

「あー------------!もう!今日!!!育脳寺子屋休みにしないといけないじゃん!!」

Continue reading “心停止からの退院(6)心臓マッサージ中に思っていたこと”

たとえ話ではなく、ちょっと死んでましたが生き返ったので日々無理せず生きてます。

頭も無事です。

本音を言うとすぐにでも学習指導を再開したいのですが、病院で検査したところ『〝進路〟〝勉強〟〝受験〟などのキーワードで話をすると、物凄い勢いで心拍数が上昇するので避けるように。』と指摘されました。

ですので今しばらくお休みします。

現在通ってくれている生徒の皆さん、保護者の方々、お待たせして申し訳ございません。

 

心停止からの退院(4)子ども達の様子

父親が、目の前で「うが~~~」と叫びながら転がる。

母親が父親の心臓マッサージをする光景を見る。

「普通」では、目にすることのない光景を目にした子ども達・・・

Continue reading “心停止からの退院(4)子ども達の様子”